スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読想・自分の老後を考える



お疲れ様です(^O^)/

最近、「ルポ老人地獄」というヤバイ系の本を
古本屋で見つけて読んだので、

本日は、その一部をご紹介致します。





本書では月30万円もの年金を受給していた
共に80歳のNさん夫婦のケースが紹介されています。

2人は共働きだったため夫が18万円、妻が12万円、
合計30万円の年金を受け取っていました。

高齢者夫婦としては悠々自適で、貧困とは無縁なはず…。
だがそれも、夫のNさんが高熱を出してから状況は一変。

Nさんは歩くのが困難になり、認知症も進行。

自宅介護は困難なため公的な介護施設である
特別養護老人ホームを探します。

特養は入居費が10万円ほどで、年金でも十分賄えそうだけど、
区内施設は入居待ちが600人もいるなど断念するしかありません。

次は民間の有料老人ホームを当たってみるも、
問題はその金額の高額さでした。

月30万円の年金収入がある夫妻でさえ、手が出ないものでした。

『入居一時金1,200万円 月額利用料21万円』(品川区のホーム)、
「一時金不要 月額利用料28万円(千葉市のホーム)……。

それだけではありません。

『ほかにも月に5万円は見込んだほうがいい』と
不動産業者に告げられたそうです。

介護サービスは介護保険から9割出ますが、自己負担が一割あります。
訪問診療を受ければ医療費は75歳以上も自己負担が原則一割必要です。

さらに散髪代やおむつ代などもかかるというのです。

有料老人ホームは入居時の一時金として通常数100万円かかることもあり、
加えて月々20万円の入居費用だから、かなり敷居が高いもの。

結局、Nさんは茨城県つくば市の月12万円のホームに入居したものの、
その後肺炎に罹って入院し「胃ろう」に…



ゲゲッ、もう読むのがつらくなってきました。

せいぜい頑張って、個人的に年金運用をせねばと焦っています。

そこで本日は、こんなブログをご紹介します。
風力発電を使った個人年金づくりの話です。

会社の経営者が対象だけど、

「連結納税」という優遇措置を活用すれば、
会社の経費で個人年金づくりができるそうな。

身内の会社でやっているのでご紹介します♪
詳しくは下記のブログをご覧あれ。


http://fuukeisya.com/blog-entry-18.html


本日はここまで。
よろしかったら1クリックを!
 ↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブタロー(^O^)/

Author:ブタロー(^O^)/
61歳にしてシニア起業した九州・長崎のメタボおやじの心の拠りどころ雑記

高額な紹介料が魅力!
最新記事
リンク
カテゴリ
熱烈歓迎
シニア日記ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。